神戸市立小磯記念美術館


小磯記念美術館は六甲アイランドにある落ち着いた雰囲気の美術館です。

平成4年に開館し、平成24年11月には開館20年を迎えました。当館は、神戸で生まれ、生涯、神戸を制作の拠点とした日本洋画壇の巨匠・小磯良平の油彩、素描、版画などの作品約2,500点を収蔵しています。

美術館に入って、まず光をたっぷりととり入れた回廊で囲まれた中庭に移築されたアトリエが目に入ります。小磯が使った絵筆、パレット、イーゼルをはじめ、モチーフとなった人形や時計などの小物、床に飛び散った絵の具なども復元していますので、当時の創作の場の雰囲気を味わえます。回廊の周囲には展示室が3室配置されています。

小磯作品の収蔵展を年2~3回開催するとともに、特別展として興味深いテーマを設定し、随時開催しています。また、子どものための美術講座などの多彩なイベントも企画しております。

最寄駅 アイランド北口
公式サイト http://www.city.kobe.lg.jp/koisomuseum/
ライナーで街めぐり
お得なチケットでおでかけしませんか
よくあるご質問
広告情報
バナー広告のご案内
企業様限定定期券一括販売のご案内
副駅名の募集について
関連リンク